自動車保険 相場

エアバッグ割引

エアバッグ割引は、自動車保険を契約する車両にシステムが搭載されることが条件で適応される割引の
一種です。

 

この安全装置は正確にはSRSエアバッグシステムと呼ばれ、車の運転中に事故に遭ったり壁に衝突
するなど外から大きな衝撃を受けた場合に、バッグが大きく膨らむことで乗員が受ける衝撃を
クッションとして吸収し、乗員が怪我をしたり生命に危機が及ぶ事を避ける役割があります。
構造はとても単純で、外部からの衝撃をセンサーで感知すると内部で火薬が爆発し、その際に発生した
ガス圧でバッグを大きく広げます。

 

日本では1990年代中盤頃から広く車に搭載されるようになり、かつては高級車に搭載されているイメージ
もあったのですが、現在では低価格帯の車を除いて多くの車種で装備されています。

 

ただこのシステムがあることで安全性が高められるものの、基本的にはシートベルトの補助として用い
られることになりますので、バッグのクッション性だけで衝撃は吸収しきれませんので注意が必要です。

 

そしてエアバッグ割引の適用はおよそ「搭乗者傷害保険、人身傷害保険」の2つとなり、それぞれおよそ
10%の割引となります。

 

また保険会社によっては「自損事故傷害特約、人身傷害補償担保特約」などにも適用される場合も
あります。

 

ただ軽自動車など一部の自動車の場合は、はじめからエアバッグ割引など他の割引も含めて金額を
計算される場合もありますので、改めて割引をつけた契約をする必要が無いケースもあります。