自動車保険 相場

弁護士特約のメリット

「弁護士特約のメリット」はどんなことなのか、わからないままに加入している方も多いと思います。

 

 

基本的に交通事故を起こした場合、示談交渉は保険会社が行なってくれます。
これらの示談交渉をやってくれないのなら、何のために自動車保険に加入しているのかわかリませんよね。
示談交渉サービスがないのであれば、自動車保険の加入に対して「弁護士特約」を付帯サービス
もしくは加入を推奨していてもおかしくないということです。

 

 

ではどのようなとき「弁護士特約」必要になってくるのでしょう?

 

 

交通事故を起こした場合、相手ある事故(加害者、被害者)の示談交渉を契約者に代わってを保険会社
が契約者に代わって行なってくれます。

 

しかし、自分が加入している保険会社に支払い責任が発生しない場合、つまり10:0の事故の場合、
「被害事故、」の時に役に立つ特約です。
自分の過失0の場合、弁護士法にの定めにより、自分の保険会社は示談交渉できないのです。

 

 

このような場合に、ご自身が保険会社と交渉で、円満に解決できるようでしたらいいですが、
そうでない場合に「弁護士特約」が役に立つのです。

 

(少しおかしな感じになりますけど、弁護士特約が自動でに付帯している保険会社もありますので確認してください)

 

 

それと、事故が起きてしまったときに、必ずしも相手との話し合いが穏便にいくとは限らない!

 

 

相手が良ければ穏便に済みますが、万が一相手が悪かった場合には裁判になっていくこともあるし、
人身事故を起こしてしまった場合などには必ず弁護士に頼ることになります。

 

 

その時に弁護士費用がかかってきますから、弁護士特約をつけておいたほうが安心です。

 

 

相手のほうが過失が多くて、最終的に自分が裁判に勝ったとしても、
それまでの弁護士費用が相手側から支払われるのはかなり先の話しになりますから、
まずは自分で弁護士費用を用意しなければなりません。

 

 

きちんと弁護士特約をつけておけば、こうした場合でも安心して依頼をすることができるので、
万が一のことを考えて、付帯させておくことをおすすめします。

 

保険料は多少高く(2000〜3000円くらい)なりますが、弁護士に直接依頼に比べたら安いものです。

 

 

もらい事故などの可能性もあるし、はじめから付帯させておけば弁護士費用に困ることがありません。
車の運転とは直接関係がないように思えますが、実はとても大切な特約です。