自動車保険 相場

盗難防止装置割引

盗難防止装置割引は、自動車保険を契約する車両に車両盗難を防止する装置が搭載されることが条件
で適応される割引の一種です。

 

国内では治安状況が良いことから高級車や人気車種を路上に駐車することが非常に多く、特に警戒心
を持つこともありません。

 

その一方でそうした警戒心の無さは海外から自動車窃盗団を呼び込むことにも繋がっており、
盗難された車が海外に不正輸出されるケースも少なくないのです。

 

そこで一部の車種では後付ではなく最初から盗難防止装置が付けられるようになり、
「イモビライザー、異常通報システム、GPS追尾システム」など様々な種類の装置が存在します。

 

イモビライザーとは、鍵に埋め込まれている電子チップに固有のIDが割り振られており、それぞれの車の
専用キーで無ければエンジンを始動することができない仕組みになっています。

 

また異常通報システムやGPS追尾システムは警備会社と契約して搭載したり、または一部のメーカーではオ
プションやアフターサポートとして搭載している場合もあります。

 

こうした装置やシステムが付いていることで盗難の被害に遭う可能性は低くなり、リスクが低まることから
盗難防止装置割引という形で保険料が還元されることになります。

 

この盗難防止装置割引の適用はそれぞれでおよそイモビライザーは5%程度、異常通報システムで、
1%,GPS追尾システムで3%程度の割引となりますので、こうした割引を積み重ねると全体の保険金
を大きく引き下げることに繋がります。