自動車保険 相場

一般車両保険、限定車両保険

車両保険の種類によって保障される内容が違ってきます。

 

一般車両保険というのは、事故全般や、災害、盗難なども補償の対象にがありますから、
一番安心できるものとなっています。

 

 

その分保険料も高くなります。

 

 

購入したばかりの新車で車両の価値がある場合、免許取りたてで運転に自信がない方などは
一般車両保険をかけておいたほうがいいかも知れません。
保険料も高くなりますので、保険料金の支払いに問題がなければの話ですが・・・!

 

 

保険料が高いと思われる方は、一般車両保険から盗難や自損事故以外の補償や車と車の事故があった場合
のみに補償などを省き、
一般車両保険の幅広い補償内容の中から補償を限定することで保険料金を安くする
限定車両保険という保険ものもあります。

 

 

沢山の補償があればあるほどに高くなりますから、負担が大きいと思えば限定車両保険を選ぶのがいいでしょう。

 

 

はじめは保険料が高いので、限定車両保険に入っておいて、
ノンフリートによって保険料が安くなってから一般的車両保険に入るというようなこともできますから
焦ってはじめから一般車両保険に入る必要はありません。

 

 

もちろん加入しておくほうが良いのは当然ですが、
それで家計の圧迫になってしまうようなことになってしまうと、
保険に継続して加入していることが負担になってしまうこともあるので、
無理のないプランで加入するのが一番だと思います。

 

 

少なくても限定車両保険には入っておくほうが、万が一のときにも安心していられますよね。
大切な車を守るためでもあるので、多少の出費は仕方ないと思います。
全く加入しなくて良いという選択をする人は少ないようです。