自動車保険 相場

人身傷害補償

「人身傷害補償」とは、事故を起こしてしまった場合、自分や同乗者のケガ、死亡補償に対して、
事故の過失割合に関係なく賠償金額が支払われるというものです。
そして人身傷害補償は、身体のケガなどの損害を実費を補償する保険になります。

 

50万円の治療費の損害があれば、50万円支払われるということです。
過失割合などに関係なく、ケガの補償が受けられ、保険金が支払われます。

 

また「人身傷害補償」は単独事故で相手がいない 無保険車で相手に支払い能力がない場合でも
支払い対象になります。
基本として事故を起こすと相手の自動車保険から支払われます。
しかし、相手ある事故の大半は過失割合がつきます。この過失割合の過失減額分が補償
されるということになります。

 

つまり「人身傷害補償」に加入せず事故を起こすと、治療費が300万円でも50:50の
過失がつくと150万円の賠償ということになります。
加入していれば、差額分150万円の補償を受けられるということです。

 

よって相手が10:0で相手に過失がある場合は「人身傷害補償」は出番がないということですね。

 

その他の特徴としては示談の成立に関係なく保険金を受け取れます。
示談交渉は最終的な金額が決まるまでにはとても時間がかかるため、補償に振り回されてしまう
ということがありません。

 

事故により仕事の事、生活の事など、気落ち、ストレスは相当なものです。
「人身傷害補償」加入していれば、これら不安から少しは解消され安心できます。

 

受け取れる保険金は次のとおりです。

 

1.治療費(実費)実費
2.通院のとための交通費等
3.休業損害
4.ケガによる精神的損害(慰謝料)
5.死亡した場合の死亡保険金

 

などです。

 

事故でスムーズに相手との話し合いが進んでいくということは稀ですから、加入しておくと助かり、
自分に対して入る保険として「人身傷害保険」だと言えます。

 

こうした内容の保険に入っておかないと、事故が起きたときに治療が、生活が・・・と、
本当に困ることになってしまいますから、必要性でいくと、かなりの重要度でおすすめの特約です。
「人身傷害保険」は3000万円くらいからでいいかと思います。
年間3千円くらいになります。