自動車保険 相場

搭乗者傷害補償

「搭乗者傷害補償」とは、事故を起こしてしまった場合、自分や同乗者のケガ、死亡補償に対して、
定められた一定額の保険金の支払い(定額払い)になります。

 

 

実際のケガなどにに対して支払われる「人身傷害補償」とは違い
(実損払い 治療費、通院交通費、休業損害、慰謝料(精神的損害)を補償)
支払い金額が決まっている定額払い型の保険です。

 

 

定められた金額とは

 

打撲 捻挫 = ○万円 骨折 脱臼 =○万円

 

などで部位に対して補償された金額の支払いになります。

 

その他に
入通院日額=○万円 通院日額=○千円という具合での支払いになります。

 

自動車事故における「傷害保険」と考えた方がわかりやすいのかも知れません

 

人身傷害補償との大きな違いでもあります。
それと搭乗者傷害補償は年令に関係なく、同じケガであれば同じ金額が支払われます。
(人身傷害はケガや死亡した場合を人の年齢や年収などによって、保険金が違ういます)

 

人身傷害補償と搭乗者傷害補償は同じような保険にとらわれがちですが、実損てん補と定額払いと
いう大きな違いがあり、昔の搭乗者傷害保険の役割が人身傷害保険に変わってきています。
もちろん搭乗者傷害保険も加入するに越したことないでしょうが、保険料を少しでも安くとお考えでしたら

 

省くべき補償は搭乗者傷害保険です。

 

保険会社によっても搭乗者傷害補償は廃止の方向に向かっているようです。
また内容等の変更もあるかも知れません。
見積りなどにおいて不明点があれば各保険会社に問い合わせて下さい。