自動車保険 相場

複数契約割引

複数契約割引は、自動車保険を契約するドライバーが他の自動車も合わせて保険契約を行うことで
適応される割引の一種です。

 

この複数契約割引は保険会社により「マルチオーナーシップ割引、セカンドカー割引」などと呼ばれる
こともあるのですが、いずれも基本的には内容に大差はありません。

 

 

国内の車の利用状況を見てみると、都市部では所有率が下がりつつあるのですが郊外では車が無け
れば生活が成り立たないということもあり、ひとつの世帯に複数の自動車を所有するというケースが非常
に多くあります。

 

 

またモータースポーツや趣味により、一人で複数台の車を所有しているというケースも非常に多くあります。
そこで、先に1台目の車で加入した保険会社に2台目以降の車も保険に加入する際に、双方とも同じ
契約者となる場合に適応されるのがこの複数契約割引となります。

 

 

より詳しく言えば、1台目の車と2台目以降の新規購入車の所有者と保険契約者・被記名者が同じ場合
に適応されることになります。

 

よくある例として、家族の父が車を持つ場合と子供が車を持つ場合は、所有者が別となりますので
複数契約割引の適用にはならず、あくまで父が2台目を持つ場合にのみ割引となります。

 

 

くわえて1台目の契約ですでに等級が11等級に達していることが適用の条件となりますので、加入してか
最低でも5年経過した後に初めて割引を受けることができるようになります。

 

ただこのあたりの条件も、また割引率に関しても各社で対応が異なってきますので、それぞれで確認
してみましょう。