自動車保険 相場

交通事故発生直後の処置

自動車保険の相場のチェック、見直しの時に交通事故が起きた時のことはあまり考えたくありませんが、
もし事故が起きた時、人間というものは慌ててしまいパニックになりがちです。
そうならないため、適切な処置を知っておくとともに、これが保険会社への連絡、事故報告などもスムーズに進むことにつながります。

 

 

事故処置の順序

 

@ 自動車事故を起こした直後は当然、自動車に乗ってます。車の被害状況にもよりますが直ちに
   自動車を道路の安全な場所へ移動、左側に寄せるなど2次災害を防止の処置をします。

 

A 負傷者(ケガ人)がいる場合は、ケガ人を安全な場所へ移動させ、すぐに救急車の手配をします。
   救急車が到着するまでケガ人の状態にもよりますが、出来る範囲の応急処置、ケガ人の救護が
   求められます。(出血があれば、ハンカチ、タオルで止血するなど)
   (負傷者の救護義務)

 

B 事故現場において、さらに二重事故、2次災害を防止ため後続車御誘導したり、三角表示板を設置
したり、道路上に事故において散乱した自動車の部品などがあれば危険がないように片付ける。
   (現場保存より危険防止処置のほうが優先される)

 

C @〜Bを早急に処置!
   ここではじめて、警察へ110番通報します。 

 

事故が起きると頭が真っ白になりがちですが、ひと呼吸(深呼吸する)ぐらいの気持ちで
落ち着いて対処することが大切です。