自動車保険 相場

最近、交通事故において車同士の軽い物損の接触事故(小さな傷程度)、被害者が軽く接触して転んだ
程度の事故では、警察への報告届出がされないケースが増えているようです。
事故を起こしたときは、警察へのの通報義務があるのですが・・・!

 

道交法第72条1項、報告義務、届出義務です。

 

軽い事故だと加害者は心配していても、若い子などは恥ずかしいのか大丈夫ですと行って、その場を離れたがる。
このような場合は被害者にも責任があるのですがけどね・・・!
軽く接触した程度でも、その場は体が緊張しなんともなくても、翌日に痛くなるというケースなどもありますからね。
しかし、大丈夫ですとすぐ立ち去った場合、相手の連絡先もわからず泣き寝入りです。

 

加害者から見ると心配するもほっホッとする気持ちでしょう!
車の小さな傷程度ではいいでしょうが、身体との接触となると考えものですね。
翌日痛い思いするのは、本人ですから・・・!
湿布程度で直るのでしたらいいですが、骨にひびが入っていたなどとなると思わぬケガになり、思わぬ出費が!

 

加害者であれ被害者であれ、適切な処置することが大切です。
治療費も請求できますから!

 

もしお子さんがいらしゃる方、子供にもこのような教育をしておくといいのかも知れません。

 

話は少しそれましたが、警察への通報義務をしなかった場合ですが、
自動車の事故が起きたという事実を証明できなくなります。
自動車保険金の請求に必要な「交通事故証明書」が出なくなり、後遺症などが出た場合、
保険金の請求が困難になりです。

 

このようなことから、警察への通報は必要です。
加害者には通報義務がありますからね。
もし自分が被害者でケガも足したこともないという場合でも、加害者の連絡先を聞いて
おくことが大切です。
被害者の方から通報するのもありです。
(被害者には通報義務はありませんけど)

 

これくらいのケガ大丈夫と思いがちですが、後々大変なことになることもありますから!