自動車保険 相場

交通事故発生時の処置を行った後、事故の相手の確認や事故の状況を話すことになると思います。
警察が来るまでに時間がかかりますからね。

 

相手もパニックになっているかも知れません、落ち着いて相手の話し方などで人柄等を判断しながら
事故の状況、目撃者が有無などできる限り確認しておきましょう!
相手の素性を尋ねるときは、必ず自分の素性を伝えてからが望ましいです。(免許証、車検証の確認等)
事故直後は感情的になりやすいですから、冷静な対応が必要です。

 

事故時のチェック項目

 

@ 相手の素性確認、免許証などでお互いの住所・氏名・電話番号(携帯電話番号)会社の連絡先
  名刺などお持ちでしたらいただきます。

 

A 車両番号(ナンバープレート)の確認、車両検査証と照らし合わせる。運転手と車両の所有者が違うこと
  もありますので!自賠責保険、自動車保険(任意保険)の保険会社と証明書番号も控えます。

 

B 事故、現場の状況確認(被害状況)車の傷や壊れた場所が今回の事故でのものかの確認などをします。
  相手の言い分も聞きながら事故時の確認!

 

C 目撃者がいれば警察がに事故の状況を話してもらうよう頼んで見ること大切です。
  もし急ぎであれば、お名前と連絡先を聞いておきましょう。
  目撃者の証言は、事故の当事者と違い利害関係がなく信ぴょう性が高いですから!

 

この中で保険会社に聞かれること

 

1.ケガ人の有無
2.事故発生日時
3.事故の場所・状況
4.相手の氏名・住所・電話番号
5.相手の任意保険会社、修理の入庫先

 

追突など相手にに100%過失がある場合などでも自分の保険会社に相談し指示を仰ぐのもいいかと!

 

最近は携帯電話にカメラやボイスレコーダーなど機能が搭載されています。
これらの機能を活用すると便利です。
もちろん相手に了承を得た上で!

 

最後に携帯にはかならず、保険会社の連絡先を登録しておきましょう。
事故時のチェック項目とメモ用紙、これらも車に積んでおくといいですよ!