自動車保険 相場

運転者年齢限定割引

運転者年齢限定割引は、自動車保険を契約するドライバーの年齢によりそれぞれの世代で適応され
る>パーセンテージが異なってくる割引の一種です。

 

運転免許は18歳から取得することができますが、まだ浅い運転経験しかない若いドライバーは、車の操
作に慣れていないことや運転マナーが欠けているということも多々あり、統計からも事故を引き起こす
確率が著しく高いということがわかります。

 

私たち消費者からすれば事故に供えて保険に加入するのですが、一方の保険会社からしてみればリス
クが高い方へはそれ相応の負担をお願いすることになり、また一方でリスクが少ない方の負担を軽減さ
せるというのは当然の流れであるといえます。

 

運転者年齢限定割引は年代ごとに区分されており、一般的には「21、26歳、30歳未満不担保、
全年齢担保(限定なし)」の4つに分かれています。

 

ただ近年ではよりリスクを細分化する自動車保険もあり、
「21歳、24歳、26歳、27歳、30歳、35歳未満不担保、全年齢担保(限定なし)」と設定している場合
もあります

 

これは保険を掛けている自動車を運転するドライバーの年齢が条件外の場合は補償外になるというも
ので、例えば21歳未満不担保の場合には21歳未満のドライバーが事故を起こした場合には保険金の
支払いは無くなります。

 

この運転者年齢限定割引の割引率は各保険会社により設定が異なり、また上記でご紹介したように
区分の数が異なるということもありますので一概には言えません。