自動車保険 相場

等級制度(ノンフリート等級別料率)

自動車保険にはノンフリート等級というものがあり、
近年の自動車保険ではほとんどがこの制度を導入しています。

 

自動車保険が自由化される前はこのノンフリート等級により、自動車保険の相場が
安定していました。

 

しかし、最近は自由化により自動車保険の相場が変わりつつあります。

 

このノンフリート等級というのは、保険に加入してからの期間や、
無事故の期間によって、等級といってランクが設けられており
この等級によって保険料金がが違ってくるのです。

 

1〜20までの等級上がり(等級の数字が大きくなる)無事故であればあるほど等級は上がっていくの
で、保険料も安くなります。
逆に事故を起こしてしまった場合には等級が下がり料金も高くなり、
このノンフリート等級によって、すべての加入者が平等に保険を継続できるようになっているのです。

 

保険料金がどうやって決まっているのかわからないので不満だという人も、
この制度があれば安心して加入していることができます。
また、ノンフリート等級は自動車を変えても引き継ぐことができるようになっているので、
保険会社を変えるときでも引き継ぐことができます。

 

引き継ぐ時には、これまでの保険の等級を証明する書類(証券)が必要になりますが、
引き継ぐことが出来ることで、またはじめから(保険料が高い等級)保険料を支払う必要がないので、
お金が無駄になってしまうということがありません。

 

そうすれば、保険料も安いままで、保険の特典を利用することができます。
ノンフリート等級を知らなかった人は、今まで損をしてしまっていたかも知れません。
保険証券を見て確認してみてください。

 

自動車保険は加入すると毎年更新することになります。

 

この更新のときに等級が上がり保険料が安くなりますので、このとき保険の見直しを
するのに最適です。
年齢条件が変わり保険料が安くなったりもします。
自分ライフスタイルにあった補償を選んだり、補償を手厚くすることも出来ます。

 

今ではインターネットで手軽に保険料を計算し見積もりも出来ますので、自動車保険の相場を
熟知し、保険料金が安いところにも代わるのもいいのかもしれません。