自動車保険 相場

等級プロテクト

自動車保険にはノンフリート等級制度があり、この等級1〜20までの等級上がり(等級の数字が大きくなる)
で保険料も安くなり、逆に事故(保険利用)を起こすと等級が下がり保険料が高くなります。
自動車保険の相場チェックでは、ノンフリート等級制度は大事な項目です。

 

基本的に保険に加入していて事故を起こし、保険を使った場合には等級が下がります。
「等級プロテクト特約」というのは、等級の保護といえばわかりやすいかと思います。
事故において保険を使った場合の等級下がりを、等級ダウンを据え置くというものです。

 

この等級というのははじめは6等級からはじまり、
無事故でいる期間が長ければ長いほどに等級があがり、保険料も安くなっていきます。

 

しかし、保険を使うような事故を起こしてしまうと、
等級が下がってしまって、保険料も高くなってしまいます。

 

等級プロテクトというのは、一年に一度だけであれば保険を使うような事故を起こしてしまったとしても、
等級はそのまま保護されることになり、次回更新の際にも
保険料も等級も変わらずに利用出来るというものになっています。

 

ですから免許取り立ての人や、集中力がなくて常に危なっかしい運転をするという人は、
等級プロテクトをつけておくと良いと思います。
反対に事故を起こしにくい運転のベテランさんであれば、あえてつける必要はなく、
一般的な保険の内容で充分ではないかと思います。

 

事故を起こしてしまうかも知れないと不安な人は、等級プロテクトをつけておくと安心です。
事故はいつ起きるかもわからないし、自分がいくら注意をしていても事故を貰ってしまった場合などにも
保険料が高くなってしまうというのは、困ります。
そうした意味で等級プロテクトは凄く安心感が持てると思います。

 

でも、特約をつけると安心ですが、安全運転にこ心がけるのが一番大切です。

 

自動車保険の相場をチェックしながら、仕分けるといいでしょう!