自動車保険 相場

交通事故での責任

交通事故を起こすと、起こしたものは3つの責任を追うことになります。

 

1.刑事上の責任
2.行政上の責任
3.民事上の責任

 

 

交通事故を起こすとまず頭をよぎるのは、事故の相手のケガ、相手の車の破損状況ではないでしょうか?

 

この被害者に対する人身損害(ケガの補償、死亡した場合の保障)車両の修理費用などの
民事上の損害賠償責任を損害を肩代わりするのが
「自賠責保険」「自動車保険(任意保険)」になります。

 

3.民事上の責任
です。

 

 

自動車事故を起こすと自動車保険で補うことが出来るのは、3つの責任の内

 

「民事上の責任」だけということです。

 

 

残りの2つの責任について

 

 

1.刑事上の責任

 

交通事故を起こした加害者がは、業務上過失致死傷罪犯罪(刑法211条)無免許運転や飲酒運転等では道路交通法
が適用され懲役刑や禁固刑、 罰金刑などに処罰を受けます。

 

これたが刑事上の責任となります。

 

事故のによっては過失の大きさで、交通刑務所に入らなければならないときもあります。

 

最近では、交通事故での責任がにおいて 「悪質・危険による交通事故」についての、
「刑が軽すぎる」と報道されるのをよく見かけます。
この法律は「危険運転致死傷罪」です。
年々、厳しく放っていくのでしょう。

 

この法律の適用は危険性が極めて高い事故を起こした場合です。

 

(アルコールや薬物(麻薬・睡眠薬など)、スピードの出しすぎ、無免許運転、完全な信号無視)
などです。

 

 

2.行政上の責任

 

 

行政上の責任とは、事故を起こしたものが公安委員会処せられる免許の取消処分、免許の停止処分などになります。
車の運行に関わる仕事をされている方には大変大きな処分になります。

 

 

その他に違反すると点数による処分も行政処分で、交通違反ではスピード違反(15km以上 20km未満)1点
などもこれに当たります。

 

8余談ですが、よく言われる赤キップは、刑事上の責任(罰金の支払い)
青キップは罰金ではなく、反則金の支払いです。)

 

 

 

 

交通事故を起こしてしまったときは、このように大きな責任を追わされてしまうことになり、
二度と運転をしたくないと思う人もいます。

 

 

一度刑事責任を追われてしまうようなことになれば、次に免許を取得することができるまでに
時間がかかるし、事故の費用を払わなければならないだけでなく、刑事責任としての罰金も
支払わなければなりません。

 

 

万が一自動車保険に加入していない場合には、どれだけの負担になるのか想像もつきません。