自動車保険 相場

自分、同乗者のケガの補償

交通事故において、自分(同乗者)のケガの補償をする保険に
「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」があります。
では、どのようにして保険金が支払われるのでしょか?

 

自動車保険の相場だけを見るのでなく、しっかり補償内容を見て行きましょう!

 

相手がいる交通事故においては、自分(同乗者)のケガの補償は相手の保険社からの支払いになり,
相手に対してはのケガについては、自分の保険会社から支払われるということになります

 

相手がいる交通事故だったら、自動車保険で自分に対しての補償はいらないのでは?
という疑問が生じます。

 

しかし、交通事故においては、過失割合があり(事故の状況を数値化したもの)相手からの補償が不足
したり、その他に示談がまとまらない、保険金の支払が遅くなる場合や相手が無保険車の場合、単独事
故のように、相手がいない場合、相手の補償を受けれない場合もあります。
このようなときの補償において、過失の部分を補ったり、無保険車、単独事故でも補償の対象になる
自分にかける補償で大いに役に立つ必要な保険が「人身傷害補償保険」になります。

 

は同じようにとらわれがちですが、人身傷害保険でも「搭乗者=運転者+同乗者」
を補償することに関しては同じすが支払われる内容や金額には大きな違いがあります。

 

人身傷害保険は過失の有無にかかわらず、50万円の損害であれば50万円と契約した保険金額内で
あれば補償を受けることができます。

 

搭乗者傷害は 定額払いで死亡の場合は契約金額の補償、ケガなどで一定額、部位に応じた決めら
れた金額の支払いになります。
「部位症状別」支払い!
「搭乗者傷害保険」は、休業損害、治療費、慰謝料などを補償するものではありません。

 

搭乗者保険は自動車保険とは別に掛ける「傷害保険」と考えたほうがわかりやすいですかね。
(保険金は、見舞金程度と言われています)

 

事故を起こした場合、「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」に加入していれば、
人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険、両方から保険金がおります。
両方からもらえるとなると得したような感じになりますが、その分保険料が高くなります。

 

交通事故での保険においてはの(ケガ)支払いは自動車保険だけではありません。
生命保険や傷害保険に加入してる方はこちらからも給付金の支払い対象(詳しくは加入保険会社へ)
通勤中では労災保険などもあります。

 

自分(同乗者)のケガの補償で加入すべき保険は、「人身傷害補償保険」です。

 

自動車保険の相場だけ見ていれば見落としがちです。

 

「搭乗者傷害保険」は他に加入の保険などを考え、仕分けるといいでしょう。
また翌年保険料が下がってから加入するのもいいかも知れません。
自分に必要な保険を考え仕分けることが保険料を安くするこポイントになります。