自動車保険 相場

車両保険の仕分けと考え方!

自動車保険の保険料で大きな割合を示し悩むのが車両保険ですね。
「保険とは、自分でどうしようもない経済的なリスクに備えるためのもの」
見積もりでの自動車保険の相場のようなおすすめプランでいいのか?

 

自動車保険の中の車両保険はどんな意味を持つのかを考えましょう!

 

まず、車両保険の加入で考えるべきことは、乗っている車で事故を起こしたときに支払う
修理費用で最悪で買い替えの費用です。
車両保険でいえる事、それは損害額が予測できることです。
他人のお車に損害を与えた場合は、ベンツなどの高級車もあれば、軽自動車もあるわけですから
損害が予測できません。
自分の車でしたら最悪で車がなくなることですよね。

 

このように車両保険については、最悪、車がなくなったらということを考えるとわかりやすいです。

 

そして車を失った時のリスクは同じ車に乗っている人だったら同じでしょうか?
いや違いますよね。

 

200万円の車があるとして、この車をローンで買った人、キャッシュで買った人。
ローンで買った人は車が壊れてもローンは残ります。
キャッシュで買った人も、貯蓄があり買った人、無理して買った人いろいろです。

 

車の購入でまだローンがあり、交通事故を起こした時など過失割合などが発生し修理
費用がまかなえない、修理費用をローンでとなることも・・・!(二重ローン)大変です。
また車が壊れて乗れなくなってもローンは残りますからね。

 

さらに車が必要不可欠な人(生活で、仕事で)人それぞれ違うのです。
そのリスクに対しどれだけ貯蓄でまかなえるかなどを検討するのが大事なのです。

 

車両保険といっても、補償には種類があります。

 

すべての保証があるのは、

 

一般車両保険・・・・フルカバータイプ 事故全般、災害、盗難なども補償
限定車両保険・・・・エコノミータイプ 一般車両保険から自損事故、当て逃げ、転覆、墜落などの
          補償を除いた保険(保険会社により多少の違い有り)です。      

 

車両保険は相対的に高めですので、付帯するかで大きく保険料に影響されますが、
限定を付けたり、免責を設けるなどをすると安くなりますので保証内容を十分理解した上で
加入することが大切です。

 

車を購入前の人は、車両によって保険料が違いますので保険料が安い車両を選ぶのもいい
かもしれません。

 

また車を仕事で使用している方、レジャーでの利用のみの方など車の必要性で違ってきます。
十分吟味する必要がありますね。
それが自分にあったリスク回避が車両保険の仕分けのポイントです。

 

 

自動車保険の相場に惑わされないよう自分にあったリスク考えましょう。