自動車保険 相場

JAFと損保ロードサービス

通販型の損害保険加入で各社サービスの1つで宣伝しているものにロードサービスがあります。
ロードサービスというと 「JAF」がありますよね。
そこでJAFと自動車保険のロードサービスに違いはあるのでしょうか?

 

自動車保険の相場チェックだけでは見えてこないものも多いですね。

 

そこで、ロードサービスを比較します。

 

サービスが同じであれば「JAF」に加入する必要もなく、料金(入会金2000円+年会費 4000円)
が浮きますからね。
この不景気の中、少しでも支払いを少なくしたいものです。
「JAF」というとイメージするのは、事故の時の車のレッカー移動、それと車のトラブル
(バッテリー上がり パンク キーとじ込み)などが思いつくのではないでしょうか。

 

これらのトラブルに関し「JAF」は対応することはわかると思いますが、さて自動車保険ではどうでしょう?

 

保険会社が提供するロードサービスについては、各社まちまちであるのですが「JAF」が対応する
車のトラブルはほとんど内容は変わらないように思え、むしろ保険会社の方がレッター移動の距離も長く、
もちろん24時間対応などかなり充実したサービス内容のです。
これが保険加入をするだけで、無料でロードサービスを受けれることを考えると保険会社のロードサービスの方が
充実しているように感じます。

 

ではJAFと損保ロードサービスとでは何が違うのでしょう?

 

大きな違いは「JAF」は【会員を対象】、保険会社は保険をかけている【車が対象】なのです。
ですから、車の利用状況を考え理解したうえでロードサービスを選ぶ必要があります。
それと「JAF」のサービスと併用すことでレッカーサービスの距離が長くなったり、料金においても
サービス範囲を超える作業料金・部品代等に特典がある保険会社もあります。

 

ご自分が加入するであろう自動車保険のロードサービスを理解する必要もあります!

 

また少しでもトラブルを避けるための対策しておくことも大切です。
私の場合は、
○ 車のキーに関しては予備キーをいつも携帯(鍵によってのドアの施錠)
○ 車の中にはブースターケーブルを積んでいる。(バッテリー上がり対策)
○ スペアタイヤの交換も自分でできる。

 

この3つは、車のトラブルで非常に多いようです!
トラブルを起こし、ロードサービスも対応してくれますが大切な時間などを失いますからね。
少しでもトラブルを避けるため、日頃のメンテナンスなどでか少しでも回避できることを考えることが大切です。