自動車保険 相場

車両保険とは

「車両保険」とは、自分の車の修理に関わる保険です。

 

交通事故により壊れた車の修理費用だけでなく、一般車両保険(フルカバータイプ)に加入しますと
(当て逃げ、転覆、墜落、火災、盗難、車両への引っかき傷などのいたずら、台風・洪水)
にも対応してくれます。

 

交通事故を起こし、相手がある場合で車に損害があると、相手の保険(対物保険)で修理をすることになります。
しかし、相手ある事故の大半は過失割合がつきます。
つまり「車両保険」に加入せず事故を起こすと、車の修理費がが100万円でも50:50の
過失がつくと50万円の賠償ということになります。

 

50万円分は自分で支払うことになります。

 

しかし、過失割合が自分にとって悪い場合や、無保険車などにおいては車両保険に加入してないと
多くの修理費用、泣き寝入りということにもなりかねません。

 

車両保険に加入していれば、差額分50万円を車両保険で補うことが出来、
過失割合が自分にとって悪い場合や、無保険車もし払われます。

 

こうしたことから車両保険はお得なように感じますが、車両保険は利用される事が多く、
保険料は相対的に高めで、車両保険に入るか、支払う保険料が高くなることから加入するか
悩む人は非常に多くおります。

 

車両保険の加入については「車がなくなったら、損害を被っての車の修理代」
はということを考えるとわかりやすいです。
人に与えた損害と違い、自分の車の損害は計算できますよね。
貯蓄で対応できるかどうかなどで検証されたらがいいと思います。

 

それと相手ある事故で揉めることになるのが、「過失割合」です。
不思議なものです。保険加入時は車両の損害は自腹でと思っていても、「過失割合」で相手から修理代を多く
受け取ろうと揉め、示談交渉が長引くことが多いのですよね。
これらを解消するのに過失分を補うことで、スムーズに示談交渉が進むことが多々あるようです。