自動車保険 相場

対物賠償保険

「対物賠償保険」とは、事故を起こして破損してしまった相手の車に支払われる補償です。
しかし、事故を起こした場合損害を与えるのは相手の車だけではありません。
自分が運転する車が他人の建物、店舗、信号機、ガードレールなどに衝突することもあります。

 

衝突した建物が高級品を扱う店だったら、衝突したトラックの積荷が・・・?
また電車などとの事故においても大変高額となる賠償責任が発生します。

 

このように「対物賠償保険」というと相手の車の損害補償だけをイメージしやすいですが、
予測できない事故が発生、大きな損害賠償が生じることも多いのです。

 

このような高額賠償に備えるため
「対物賠償保険」は「対人賠償保険」同様「無制限」をおすすめするとともに
対物賠償も自動車保険の中で大切な補償となってきます。

 

それと「対物賠償保険」を無制限に入っているからといって全額修理費用などが支払われると勘違い
されている方も多いかも知れません。
事故を起こすと「過失割合」といって 事故においては当事者にお互いの過失があり相殺することです。
40:60などと表現され、もちろん加害者に100%責任がある場合もあります。

 

例えば加害者の過失が60%、被害者の過失が40%、過失割合6:4だとすると、交通事故において被害
者の車の損害が100万円であれば、加害者はこの場合60万円の賠償責任が生じるということになります。

 

車両の損害においては、この過失割合が示談交渉を難航させる事が多いようで、これらを解消するのに
過失割合がどうであれ、自分の車は自分で修理する保険「車両保険」!

 

相手の修理費用が時価額を超えた場合、50万円を限度として超過費用支払う「対物超過修理費用補償特約」
などがあります。