自動車保険 相場

対人賠償保険

「対人賠償保険」とは、事故を起こした相手、同乗者、歩行者にケガや死亡した場合、自賠責保険を超える
(自賠責保険は、ケガの場合 1名につき最高120万円・死亡の場合 1名につき最高3000万円)
補償に対して支払われる保険です。

 

賠償金額は数億円のに上ることも有り、一生経済的ダメージを負うこともあり、最も大切なのが
「対人賠償保険」といえるかも知れません。

 

一昔前までは、対人賠償は1億円と言われていましたが、今では高額賠償に備えるために
「無制限」に設定するのが常識になってきております。
(対人賠償保険加入者の99%が無制限と言われてます)

 

この保険がないと、相手に対しての費用を全て実費で負担しなければならないので、
どんなに頑張って働いても支払いが追い付かない、いやそれどころか一生棒に振ることに
なるかも知れません。

 

どんなに小さな事故だとしても、相手が痛みを訴えたりすれば当然治療をしなければなりませんし、
事故の割合にもよりますが、少なからず負担をしなければならなくなりますから、対人賠償はとても大切なのです。
もし入っていなかったらと考えると、治療費も通院にかかる交通費も仕事を休んだ分の収入も、
自分がどんなに働いても払うことはできないと思います。

 

下手をすれば、事故の支払いをするためだけに働いていかなければならないような状況にも
なってしまいかねませんから、そう考えていくと、対人賠償がどんなに大切なのかということがわかると思います。
「対人賠償保険」保険に加入するときには必ずに「無制限」に・・・!

 

無制限といううと保険料も高く感じますが、
年間、1億円と無制限で1000円前後くらいですから、差ほど高額というわけでもありません。

 

対人賠償をつけないのであれば、むしろ自動車保険の意味がないといっても過言ではありません
から、「無制限」おすすめします。